認知症の症状は医師へ相談【早めに相談することが重要】

ニュース一覧

種類と特徴をチェック

男女

早期治療が大切です

年齢を重ねるごとに認知症のリスクが高まり、不安を感じるようになります。物忘れが良く知られている認知症の症状ですが、その種類や症状の詳細についてはご存知でしょうか。まずは正しく理解することが予防の第一歩です。認知症には、その原因から大きく分けてアルツハイマー型、レビー小体型、血管性の三種類があります。認知症患者の半数以上をアルツハイマー型が占め、次いでレビー小体型、血管性の順になっています。アルツハイマー型は脳の海馬と言われる部分を中心に脳の神経細胞が死滅することで起こり、全体の萎縮が認められます。レビー小体型は、脳の中にレビー小体と呼ばれるたんぱく質の塊ができることにより起こります。血管性は、脳梗塞などで脳の血流が滞り、一部が壊死することで起こります。いずれの場合にも、発症の初期症状としては認知機能の低下がみられます。判断能力や理解能力が著しく落ちる、少し前の出来事を覚えていられないなどの症状が発生し、徐々に日常生活に支障をきたします。例え物忘れが増えたとしても、日常生活に支障をきたさない程度であれば、過敏になる必要はありません。進行とともに、アルツハイマー型では徘徊や物を盗まれたなどの妄想が現れますが、運動機能に関する問題はあまり目立ちません。レビー小体型では幻視などの他、立ちくらみや異常な発汗など自律神経の働きに影響が出ます。血管性では感情のコントロールが難しくなり、問題のある血管の部位により、手のしびれや言語障害を併発します。その為、異変に感じたら、すぐに医療機関を受診することが大切です。そうすることで、薬物療法やリハビリなどの適切な治療を受けることが出来ます。